So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ムッシュ@Paris後編(ムッシュその6) [フランスの思い出]

(これまでの話) ルーアンからパリに小旅行にでかけたムッシュ率いる4人組 旅の二日目は各自自由行動となったのですが、初パリのムッシュが訪れるのをご所望された場所は、 凱旋門でもエッフェル塔でもルーブルでもオルセーでも、はたまたオペラ座でもなく、 東洋美術の収集で有名なギメ美術館 深い、深すぎるぜムッシュ・・・ そしてその願望を成し遂げたムッシュは「パリに来た目的を果たした」と言って一人パリの街へと消えていったのでした。 その日の夕方、僕はパリに住む友だちの家に行く前に、荷物を取りにホテルに戻ろうとしたのですが、入り口のカギを預けたはずのムッシュは約束の時間に現れず・・・

『だから言わんこっちゃない・・・』
ギメ美を出たところでムッシュにカギを預けたときによぎった不安が、こうも見事に現実化してしまうとは、「思考は現実化する」のナポレオン・ヒルも脱力するにちがいありません。
僕はなすすべもなくホテルの前に突っ立っているしかできず、時間だけが空しく過ぎ去っていきます。
言うまでもありません(鳩山口調)、『ひょっとしたら・・・』と一縷の望みをかけてホテルの扉を押してみましたが、扉はやはりロックされたままです。

『おのれ、Mさんめ・・・』と心の中で約束の時間を守らないMさんに怒りを覚えながらも、また同時に
『初めてのパリなんだし、どこかでホテルへの帰り道がわからなくなっているのかも・・・』
などと逆にムッシュのことを心配しながらも、とにかく『ムッシュよ、早く現れてくれ』と望むばかりです。
ときどきムッシュが「すいません、遅れましたっ!」と息せき切らしながら走ってくるやもしれぬ、メトロの駅から来るなら、あっち側からくるはずだ等と辺りをキョロキョロと見渡してはみるものの、そんな気配は微塵も感じられず20分くらいの時間が経過しました。

『あぁ・・・アルノー(友人)との約束の時間が・・・』とイライラしながら待っていたその時、ホテルの入り口に一台の車が止まり、一人の男性が出てきました。彼は僕に気づくと
「アンタそこで何をしてんの?」
と声をかけてきました。
なんと今朝、僕に日本人旅行客たちへの通訳を頼んできたホテルのオジサンです。
まさに「情けは人のためならず」。その日の朝にオジサンの頼みを引き受けていたおかげで、オジサンは僕の顔を覚えてくれていて、それで声をかけてくれたのでした。

『救世主現る!』って感じで、僕はそのオジサンに駆け寄り、
「4時に連れとここで待ち合わせてたが、そいつがカギを持ったまま帰ってこないから中に入ることができない」と説明すると、オジサンは衝撃的な告発を・・・

「彼ならもうホテルに帰ってきてるよ」


名称未設定 1.jpg

ぬぁ〜〜〜にぃぃぃいいいいっ!!!
あのオッサン、とっくに帰ってきてるんかいっ!!!

僕はオジサンに扉を開けてもらうやいなや、ホテルの階段を駆け上がり、部屋に向かいました。扉のノブに手をかけて開けようとしたのですが、カギがかかっていて開きません。
僕はドアをノックしながら
「Mさん!ちょっとMさんっ!」と呼びました。当然のことながら、声はややキレ気味。
一応『Mさん』などと呼んではいますが、心の中では
「おいコラ、オッサン、早よ出てこいやぁっ!!!」
というレベルです。

すると扉の向こうから
「えっ、・・・は、はい?・・・あっ・・・ちょ、ちょっと待って・・・」
とうろたえ気味のムッシュの声が・・・
大人げないと言われればその通りですが、ホテルの外でさんざん待たせておきながら、まだそれでも『待て』と言うムッシュの態度に、僕はさらにまた頭に来て
「ちょっと早く開けてくださいよっ!」
とたたみかけるように言うと、しばらくしてガチャリとカギの開く音がして扉が開きました。
僕はその扉を押し開けながら部屋の中に足を踏み入れ
「Mさん、もうとっくに4時になってるじゃないですかっ!」
と憤懣やるかたないという感じで言うと、ムッシュは、
「あ・・・ご、ごめんなさい・・・」と言いながら、
「い、今ちょっと拝んでいて・・・」

「はぁ?拝む?」
と、ムッシュの視線の先にある部屋のテーブルに目をやると・・・
なんとそこにはルーアンのムッシュの家で見た
あの5体の神々のお姿が!!!


もうね、そら確かにね、宗教の力というものはすごいもんですよ・・・
パリやルーアンのカテドラルを見てもね、よくもまぁこんなもん作ったなと、たいしたもんですねと、それをやってのけるのが「宗教」というもんなんですと・・・
でもね。今回の旅行にまでね。わざわざルーアンからね、神様御一行をお連れするのですかと・・・
もうこの際、はっきり言わせてもらいますが、
家で留守番してもーとけっ!!

要するに祈りを捧げるのに夢中になっていて約束の時間に出ていくことができなかったというのがムッシュの言い訳だったのですが、ゆっくり話を聞いているひまもなく、話はとりあえず帰ってからと、僕は荷物を取って友人の家に出かけたのでした。

そんなこんなで友人の家でのひと時を過ごして、その家を出る頃にはこっちの怒りもおさまったというか、逆にムッシュにあまり気にして欲しくないなと思いつつホテルに戻ると、OさんとU子さんもすでにホテルに戻ってきていました。
「ただいまー」と言って部屋の中に入ると、ムッシュを囲んでOさんとU子さんが何やら話をしている様子。ムッシュは元気がなさそうだったので、夕方のことを気にしているのかと思っていると、ムッシュは僕の姿を見て
「あ、foretさん、さっきはすみませんでした」と言ってくれました。
僕も「いや、まぁ、もういいですよ」と言いつつ、内心では『やっぱり気にしてたのか・・・』と、ちょっとキツイ言い方をしてしまったのかなと思っていると、Oさんが
「あのforetさん・・・実はムッシュがアリアンス(フランセーズ←語学学校)を辞めるって言ってるんですよ・・・」と言い出しました。
「えっ?辞める?まだフランスに来てひと月くらいしか経ってないのに?」
と僕がびっくりして言うと
「そうなんですよ。それでさっきからU子さんと一緒に考え直すように言ってるんですよ。」とOさん。

ムッシュに一体何があったのでしょうか?
(「後編」などと書いて置きながら、まだもう少し続いたりします・・・)


最後に・・・

このブログの趣旨とは異なることなので書くのは気が引けるのですが、みなさんは現在、民主党が永住外国人に地方参政権を付与するために動いていることをご存じでしょうか?
「永住外国人に参政権を付与する」というのは、実は民主党は随分と前から主張していることで、民主党の政策集にもかかげていることなのですが、夏の衆議院選挙の時にはこの主張をあえてマニフェストからは削除しています。なぜなら選挙前の新聞アンケートで95%以上の国民が外国人参政権に反対するという結果が出ており、マニフェストに載せたりすると選挙で不利になることが目に見えていたからです。
そんな法案を国会で多数を占めるようになった今、なんの国民的議論もなされないまま民主党は数の論理で押し通そうとしています。これに対して今開かれている国会の場で、数人の保守派議員が追及しているのですが、何故かその日に限ってNHKはテレビ中継を行っていません。
僕はこのような国民の目が届かないところで国家主権にもかかわるような重大な問題が決められようとしていることに大きな不安を覚えざるをえません。(現行の憲法では外国人に参政権を与えることは認められておらず、本来なら憲法改正にまで及ぶ話なのですが、民主党は都合の良い法解釈でこれを乗り切ろうとしています)
民主主義の国として、国民の目にしっかりと見える形で議論を行ってもらいたいと思います。
ちなみにオランダでは一足早く「友愛社会」を実現させてしまったために、移民が大量になだれ込み、まもなく国民の過半数がイスラム教徒になってしまうそうです。民主党は今、外国人住民基本法というものまで用意しており、この法案が通過すると、どんな形(不法滞在であっても)であれ、外国人が日本に5年住めば参政権にとどまらず、日本人と同等の権利を全て与えられるという、とんでもないことになってしまいます。しかもそこまでする理由が「日本は戦争中に外国の人々に苦しみをあたえたから」というのだから話になりません。こうなってしまうと中国から反日教育にどっぷりと漬かった大量の移民がこの国にやってくることは疑いもないことで、昨年の長野での聖火リレーのときに長野の町のあちこちで日本人をとりかこみ暴行を加える中国人の姿を目の当たりにした僕としては憂慮にたえません。
外国の人たちと共生することは大切なことです。しかし参政権まで差し出してまで融和しようとするなら、経済的にはまだ豊かで、かつ中国や韓国・北朝鮮のような反日国家にとりかもまれているこの国はとんでもない方向に向かって走り出しかねません。事実、今でも日本人が足を踏み入れにくいような場所が日本の中にあちこちとできつつあるような状況なのです。
この法案が絶対に通過しないよう、一人でも多くの国民が声をあげなければいけないと思っています。

※動画は自民党の稲田朋美議員の国会質疑のもよう。これでポッポが「慎重に議論を」といった翌日、民主党から議員立法での今国会での成立を目指すとの声があがるんだから、もーいや・・・
民主党議員が「外国人参政権と憲法」について、質問趣意書を提出しようとしたら、党の圧力で撤回させられたらしいです。なんというファシズム体質なんでしょうか。

コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ムッシュ@Paris《中編》(ムッシュその5) [フランスの思い出]

パリでの小旅行2日目の朝を迎えました。
ホテルでまったりと朝食をとった後で今夜の部屋割りを決めます。
四人の気合いのグッパーが炸裂!
結果は「foret&ムッシュ」、「Oさん&U子さん」に・・・ort

ちょっとしたショックを感じていると、そこにホテルのオバサンがやってきました。どうやら今日の午後5時までホテルの入り口のドアを閉めることになるらしく、もしそれよりも前にホテルに戻ってくるつもりがあるのなら入り口のドアのカギを渡すから出かける前に言ってくれとのことです。
僕たちは「そんなんアリ?」と驚きながらも、家族経営の小さなホテルだからそんなこともあろうと納得するしかありません。まぁこちらもわざわざパリまで来て、5時前にホテルに戻ろうなんぞとは思わないのが普通なのですが、実はこの日の夕方に、僕はパリに住むフランス人の友人の家に遊びに行くことになっていて、そこに持って行く荷物をホテルに置いたまま出かけ、4時頃にそれを取りにホテルに戻ろうと思っていただけに、なんとも鬱陶しいことですが、こうなってしまうと入り口のカギを借りていくしかありません。

そんなこんなで準備を整えつつ出かけようとしていると、このとき初めて顔を見るホテルのオジサンが「ちょっと来てくれ」と僕を呼び止めました。何事かとついていくとフランス語英語も通じない日本人の客が来たので助けてくれとのこと。
『かー、めんどくせー観光客だなぁ、もう・・・』と内心で思いながら受付まで行くと20代前半ぐらいの日本人女性が二人。彼女らは突然現れた薄汚い同郷人に旅情をぶち壊された思いなのか、こちらがオジサンの話を日本語で説明しても「はぁ・・・」って反応で愛想なし。全く持ってふがいない思いをしつつも無事任務を終え、気を取り直して出発です。OさんとU子さんとはメトロで分かれ、ムッシュとともにギメ美術館の最寄り駅であるイエナ駅に向かいました。

いつぞやのblogでも書いたとおり、僕は小学生時代に浮世絵にはまるという変な子どもだったのですが、実はギメ美術館には浮世絵フリーク垂涎の名品が数多く所蔵されているんですね。本来ならば「ムッシュを観察する」というくだらない目的であとをついていくどころではなく、パリに向かう列車の中から二人で熱いトークに花を咲かせつつ、肩でも組んでスキップしながら向かうべき美術館だったのかもしれませんが、当時は「わざわざパリまで来て何故ギメ美?」てな感じだったので、特に盛り上がるでもなく、だらだらと二人でムダ話しをしながらギメ美に向かいます。

Image1[1].jpg
《ギメ東洋美術館です》

中に入ると1階はこんな感じ。
gime_b.jpg

lrg_12312415.jpg

ムッシュはすでに興奮気味。
「いやぁ、いやいや・・・」といいながら、やたらと「スゴイなぁ」を連発。僕にはそのスゴサはわからず、日本の仏さまとくらべたら、あまりありがたみのある顔には見えませんでした。なんとなくハクション大魔王のアクビちゃんの顔に見えたりして・・・

そんな中でもムッシュがお気に入りだったのが、象の顔をした神様の像。
「ガネーシャ」というお名前の神様で、ムッシュのお話によると、日本では「聖天さん」として親しまれている神様だとか。実はこの神様の像はサイズこそちがうものの確かムッシュの家の暖炉の上にもあったような気がしたので
「この像ってMさんの家にもありましたよね?」と聞くと、
「うん、ありますよ。こいつはね、怒らせたら大変なことになるんですよ」とMさん。
神様にむかって「こいつ」呼ばわりしている時点で、大変な目にあう資格は十二分にゲットしているはずなのですが、「それに巻き込まれるのはまっぴらゴメン」と思いつつ、僕は美術館内部に置かれている神様をやたらと「こいつ」呼ばわりするムッシュについていきます。

そうこうしているうちに今度はネパール・チベットあたりの仏画のコーナーに入っていきました。
日本の仏教でイメージするのと全然ちがいますよね、この当たりの仏画って・・・

kami.jpg
大変な目にあいたくないので、コメントを差し控えさせていただきます(笑)

いろいろと見ているうちに、ふとムッシュが
「僕はね、大学でヒンディー語とかネパール語とか勉強してたんですよ。だから、このあたりの言葉なら5カ国語くらいわかるんですよ」
と言い出しました。
僕も「へー、すごいですねぇ」と素直に感心していると、ムッシュはある仏画の絵に描き込まれた文字を見ながら
「えーと・・・ふん、ふん・・・ほぅ、なるほどね、はいはい・・・」
などと何かを納得したかのような素振り。
僕も思わず「何が書かれているんですか?」と純粋にムッシュに尋ねてみたところ、
「いやぁ・・・ハッ、ハッ、ハッ・・・」と笑いながら次の絵に・・・
ってスルーかよ!!

なんかもう・・・脱力させられまくりです・・・
それでも「こいつはね、日本では『閻魔大王』になってる神様なんだよね」などといろいろ教えてくれるムッシュの話は、それはそれでなかなか勉強になります。

※ちなみに閻魔大王って極楽行きか地獄行きかを決めてもらうため、死後その前に引きずり出されるということなのですが・・・

えんま.jpg
日本のこれなら恐くても、まだ我慢できそうですが、チベットあたりのお姿は・・・


Yama_tibet.jpg
こんなん絶対ムリ!チビる自信120%!

そんなこんなで1階の展示室をひととおり見終えるとムッシュは
「もう一回、さっきのガネーシャ見に行ってもいいですか?」と言うので、つきあってついて行くと、ムッシュは再びガネーシャの像をしげしげと見つめながら
「いいねぇ・・・ウチに持って帰りたいなぁ・・・」と一言。こんなでかいの持って帰って何をしようというのか・・・

とにかく1階の展示室を見終えると、2階の中国・日本コーナーにはムッシュはほとんど目もくれずにほぼ素通り。別展示室に日本の東寺をモデルにした立体曼荼羅があったので、それを見に行こうと誘っても、
「あ、foretさん行きたいの?じゃあ行こうか・・・」
てな感じで、いまいち興味は引かれない様子でした。
やはりムッシュには「オドロオドロしい系」の神様の方が性に合ってるんですかね。
ちなみにギメ美にある日本の仏様(仏像)たちはなんとなく居心地悪そう・・・ 陳列棚に収められているよりも、やっぱりお寺でお姿を拝見するのが一番ですね。

ギメ美を出て、二人でぷらぷらとイエナ駅の方に向かう間もムッシュは、「あのガネーシャが欲しいなぁ」と何度もつぶやいていましたが、僕は相手にせず、
「Mさん、これからどうします?エッフェル塔まで行きますか?」
と初パリのムッシュに一応(?)気をつかったつもりで言ったのですが、ムッシュは
「いや、これでもう僕の旅の目的は終わりましたから」
とあっさりと拒否。
何度も言いますが、この人はパリに何をしに来たのでしょう・・・

『もう勝手にしなはれ!』って感じで、僕は今からオルセーに行く旨をムッシュに告げつつ、一応これからどうするつもりなのかと聞くと「いやー、まぁ適当に歩いてみてからホテルに戻りますよ」とのこと。しかも僕がホテルにいったん戻ろうとしていた時間よりも早くに戻ろうとしていたので、そうなると僕が持っているホテルの入り口のカギをムッシュに渡さなければいけません。
一抹の不安を覚えながら、僕は
「先にホテルに戻るつもりなら、Mさんにホテルのカギを渡しておきますけど、僕は4時にホテルに戻るので、そのときにホテルの外に出て待っていてもらえますか?」と頼みました。
ムッシュは「あ、いいですよ。4時ですね」と答えてくれ、僕たちはイエナ駅のところで別れたのです。

その後、僕はオルセーを見物し、「こぉひぃむっつ」の方でない本物のカフェ・ド・フロールにも寄り、サン=ジェルマンあたりをうろつきながら4時にホテルに戻ったのですが・・・・


ムッシュ、ホテル入り口に姿を見せず・・・
(ま、お約束通りの展開とも言えますが・・・)

※続く
コメント(13) 

これはワロタw

ブログタイトルからますます遠ざかるこのブログ
一番最初に書いた記事を今見るとこっぱずかしくてたまりません(笑)

今回はネタでもなんでもないのですけど、
ネットサーフィンしてると
「あれ、どうやってここにたどり着いたんだろう?」
と思うことってありませんか?

偶然ヒットしたこれ、ムチャクチャ笑いましたw



このシリーズ、いっぱいありますね








こういうの好きやわー
コメント(5) 
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。